熊本市

「東京都新型コロナウイルス感染症対策サイト」の表示形式を部分的に取り入れて特設サイトが仕立てられている。大きなボタンを設け、余裕のある画面構成としているが、ボタンの見た目と実際にクリック可能な領域が一致していないところにストレスを感じる。

福岡市

「支援したい方向け」を分類として設けていたり、「使い捨てマスクがない場合」「消毒用アルコールがない場合の消毒・除菌」など、ほかではあまり見かけない情報を提供している。各ページには3段階の見出しレベルを用いて文書を構造化しているが、いずれの見出しも文字サイズや左右幅(インデント)に違いがないために視覚的な区別がしにくい。

北九州市

「新型コロナウイルス」の階層ではなく「感染症」がローカルナビゲーションとして展開されている。そのため、新型コロナウィルス感染症に関する情報群の行き来が円滑に行われない。CMSの仕様と言えばそれまでかも知れないが、一つ下の階層(表示されているページと同じ階層)を表示するよう改めることが望ましい。

広島市

ローカルナビゲーションに並んでいる各分野の項目数は5が上限のようである。そのため、6以上の項目を有する分野については、すべてが表示されていない。現状、各分野の項目数は最大でも8に収まっており、上限項目数や分類の仕方を見直すことで、全項目が列記されたナビゲーションを実現できると思われる。無駄な遷移を減らすために調整する価値があると考える。

岡山市

調査期間中に新たなサイト「スイッチ!おかやま」が公開された。感染症そのものよりも「新しい生活様式」への対応・取組にフォーカスが当てられている。今回の調査対象の中で、岡山市と岡山県だけが独自ドメインによる新型コロナウイルス感染症関連サイトを公開しているが偶然なのだろうか。

神戸市

神戸市公式サイトを踏襲しながらも、グローバルナビゲーションなどを除いた形で特設サイトとして仕立てられている。感染症そのもの、発生状況、支援、会議資料など明確な分類が示され、テキストを中心としたシンプルな画面構成を採用している。

堺市

「新型コロナウイルス感染拡大防止に向けた対応(8月21日から8月31日まで)」というタイトルのコンテンツがあるが、この更新日は「2020年5月29日」と示されている。このコンテンツは、イベントや施設に関するルールを記したものであり、5月時点で8月下旬を記しているのは不自然に感じられる。正しい情報更新日を記載してほしい。

大阪市

「支援」の情報に特化した特設サイトが公開されている。「個人」と「事業者」、それぞれへの支援内容が整理され、様々な方法で検索できるようになっている。感染症そのものや、感染症拡大防止に向けた取り組みは別コンテンツとなっていて、お互いへの動線はないものの、目的を重視した一つの完成形と言えるのではないだろうか。

京都市

京都市のページであるが、最上部には京都「府」が提供するコンテンツへのリンクが掲載されている。府と市、それぞれが担うべき情報は異なっているとは言え、京都市のページを訪れた利用者に対しては、市として伝えるべき情報をきちんと提示する必要があると感じる。

名古屋市

「新型コロナウイルスに関連する肺炎について」と称されているが、国、厚生労働省、日本感染症学会でも「新型コロナウイルス感染症」の呼称を統一的に用いているため、明確な意図がないのであればそれに倣うべきではないだろうか。別途開設されている特設サイト「新型コロナウイルス(COVID-19)感染症対策特設サイト」は、ページ内の目次はクリッカブルではなく、掲載される情報の多くは紙での提供を前提としたものが画像化されただけ、かつ、鮮明な画像へのリンクは用意されていない。画面構成としてはスマートフォンを優先しているように思われるが、一部の機能は「PC推奨」など、用途や利用シーンがイメージしにくいものとなっている。