香川県

「画面右上の検索ボックス」という位置に依存した表現が好ましくない。また実際には「検索ボックス」という名称は用いられていないので、当該要素を見つけにくい状況にある。

徳島県

ページ内の画像に代替テキストが設定されておらず情報が取得できない。

山口県

赤い太字で示される「ご指定のページは見つかりませんでした」が、一瞬、重大な警告のように感じてしまう。また、この文字列はh2要素ではなく、h1要素を用いるべきと感じる。

広島県

共通して設けられているナビゲーションではなく、トップページからの探し直しを促している。リニューアルによってアドレスが変わったことを前提としているのには違和感を覚える。

岡山県

このページが表示された理由を示していない。前のページに戻るか、トップページに進む行動しか促しておらず不親切な印象を持った。

島根県

本体サイトだけでなく「リメンバーしまね」「しまねUIターン総合サイトくらしまねっと」など別ドメインのサイトでも404ページが作成されていない。意図的なものだろうか。

鳥取県

ロゴやナビゲーションなど通常ページとの共通する部分がなく、エラーメッセージも一般閲覧者にとってはわかりづらいものとなっている。

和歌山県

title「エラー」、パンくずリスト「エラー(Error)」、h1要素「ご指定のページまたはファイルが見つかりませんでした。」がすべて異なる珍しい状態。

奈良県

見つからなかったページのURLを広報広聴課に伝えるためのフォームが用意されている。

兵庫県

頭を下げている「はばタン」がいるが、代替テキストが空(alt=””)になっているので、あえて存在が消された状態になっている。せっかく謝っているのにひどい。

大阪府

「平成23年6月1日に、全面リニューアルを行いました。」とあるが、8年以上経過した現在、これを筆頭に挙げるほどの影響は生じていないのではないだろうか。

京都府

「京都府総合お問い合わせ窓口」へのリンクだけでなく、404エラーページ自体に電話・ファクス・eメールを明記している。いつ返事をするかもきちんと示していて好感が持てる。

滋賀県

今回の調査テーマが選定された理由の一つである滋賀県だが、リダイレクトに関する問題は指摘されるものの、現在の404エラーページだけを見れば大きな問題は見られない。ちょっと安心。

三重県

ページではなく「ドキュメント」が見つからないという表現が用いられている。提案されるリンク先になぜ「しごとガイドへ」が含まれるのだろうか。

愛知県

404エラーではなく、「Not Foundのページ(https://www.pref.aichi.jp/soshiki/notfound.html)」が正しく表示されたもの(ステータスコード200)として扱われている。

静岡県

特に必要とは思わないが「静岡県のホームページにお越しいただきありがとうございます。」とある。「せっかくお越しいただきましたが」や「いま一度」など独特の表現が見られる。

岐阜県

「・」(中黒)と改行を用いた箇条書き風の記述はいただけない。ヘッダーに広告が表示されていることもあって404エラーページにも広告が表示されているのが特徴。

長野県

リニューアル直後のため、直近の組織改編に関する記事に正しくリンクが張られているが、次回の組織改編時に404エラーページを忘れずメンテナンスできるのかが心配。

山梨県

表示された原因に対する対応方法の説明が簡潔かつ丁寧で好印象。無効なリンクを報告する方法が示されていないため満点ならず。

福井県

アドレス違いの原因として「数字の1とアルファベットのl(エル)が間違っている。」「半角ではなく全角の英数字が混じっている。」という入力文字(種別)の違いを挙げているのが独特。

石川県

404エラーのカスタムページが存在しない。ステータスコードは正しく404を返していたため0点を免れた。

富山県

「画面上部のキーワード検索、分野別案内、組織別案内、サイトマップから」と説明があるが、「分野別案内」「組織別案内」は言葉として見つからないので戸惑う。

新潟県

表示理由や行動提案が日本語だけでなく英語でも記されているのが特徴的。しかしながら、英文が404エラーではなく403エラーについて書かれているのが残念。

神奈川県

404エラーページは、他サイトではパンくずリスト上ではトップページ直下に位置づけられることが多いが、神奈川県では「ホーム > 組織からさがす > 知事室」という独特の位置づけがされている。

東京都

栃木県に続き「又は」が登場。404エラーページは公用文で書きがちというのは、自治体404あるあるなのか。

千葉県

ページ上で示される行動提案が愛媛県・鹿児島県と同じく「ブラウザで再読み込みを行ってください。」のみ。適切な解決策ではないため記述を改めたい。

埼玉県

404エラーページが32件の「いいね!」を獲得しているのが興味深い。コバトンの画像の代替テキストが「404_コバトン」なのだが、404専用のコバトンイラストが存在しているということだろうか。

群馬県

困った感じのぐんまちゃんがかわいい。でも、せっかくぐんまちゃんがいるのであれば、ぐんまちゃんが正しいルートを案内するような表現があると良かったのでは。

栃木県

だめとは言わないが「又は」が気になる。「トップページ」と「ホーム」、「テーマから探す」と「テーマ」、「組織から探す」と「組織一覧」など、いちいちラベルが異なるのが悲しい。

茨城県

リニューアルによるURL変更が404エラーを前提としていることに違和感を覚える。リニューアルからは4年半以上経過しているが、次のリニューアルまでこのままなのだろうか。