サービス

JIS X 8341-3:2016対応サービス

JIS X 8341-3:2016規格票(イメージ)

自治体、省庁などの公的機関には、JIS X 8341-3:2016(高齢者・障害者等配慮設計指針-情報通信における機器・ソフトウェア・サービス- 第3部 ウェブコンテンツ)に基づいたウェブサイトのアクセシビリティ確保が求められています。また、JIS X 8341-3:2016の規定に沿うかたちで総務省から示された「みんなの公共サイト運用ガイドライン」にある適合レベルや達成時期を意識してサイトを運営していかなければなりません。

しかしながら、JIS X 8341-3:2016の記述内容は専門的で、また具体性に乏しい部分もあります。ウェブサイトを運営するみなさまにとっては、既存サイトのどこをどのように改めていけばよいかがわかりにくいことでしょう。さらに、現在は「運用ガイドライン」の達成期限(目安)が過ぎてしまっているため、既存サイトの改善やリニューアルのスケジュールを立てにくいことも予想されます。

私たちユニバーサルワークスは、自治体サイト黎明期から15年、延べ1,000サイト以上に渡る自治体サイトWebアクセシビリティ調査を発表し続けてまいりました。機械に頼らず、五感はもちろん、見えない目も使って積み重ねてきた多くの知見をぜひご活用ください。

ウェブアクセシビリティ基盤委員会(WAIC)の作業部会主査を務めるスタッフが、みなさまのウェブサイトのJIS X 8341-3対応、みんなの公共サイト運用ガイドライン対応をサポートいたします。

ウェブサイト評価・診断

ガイドライン作成

サイト運用管理

講演・講師派遣

記事執筆・マニュアル作成