「みんな」が使えるWebサイトへ

会社情報

最もアクセスしやすいのは島根県公式ホームページ 自治体サイトのWebアクセシビリティ調査結果を発表

~ 文書構造や文字サイズ、高いコントラストなどが評価 ~

有限会社ユニバーサルワークス(本社:静岡県三島市、代表取締役:清家 順、以下 ユニバーサルワークス)は、2016年8月22日~31日に全国47都道府県および20政令指定都市のWebサイトを対象に、ウェブコンテンツへのアクセスしやすさ「Webアクセシビリティ」に関する調査を実施いたしました。その結果、島根県公式ホームページが最もアクセスしやすい自治体サイトに決定しました。

調査結果詳細

自治体サイトWebアクセシビリティ調査 2016

調査概要

Webアクセシビリティのコンサルティング業務を行なっているユニバーサルワークスでは、2016年で14回目となる「自治体サイトWebアクセシビリティ調査2016」を実施し、47都道府県・20政令指定都市の自治体サイトのアクセスしやすさを評価しました。

高いコントラスト、明快な文書構造、適切なリンクラベルを有する島根県が、高い評価を得た一方、法律や規約に反するサイトもあるなど、高齢者や障害者を含むすべての方が利用可能なWebサイトにするための取り組みはまだまだ不十分と言える結果となりました。

Webアクセシビリティとは?

ウェブアクセシビリティとは、ウェブコンテンツへのアクセスしやすさのことを指します。障害の有無や年齢、経験、使用している機器を問わず、みんながアクセスできることが、ウェブサイトに求められる条件です。

調査結果のポイント

  • 自治体サイトの多くで、アクセシビリティ上の問題が多数
    総務省が示すWebアクセシビリティ基準「適合レベルAA」を満たさないサイトが多数あるだけでなく、AAを満たしていることを表明していても、実際の品質が表明内容と異なるケースが散見されました。
  • 国際規格に規定されるコントラスト値を7割以上が下回る
    コントラスト比(前景と背景の色の差)が、国際規格に規定される「4.5:1」を満たさないサイトが多数あり、閲覧に支障があったり、健常者でも読み取り困難な例もありました。
  • 2015年高評価を得た島根県が、2016年も高評価
    明確な文書構造、仕様に即した高い文書品質、適切な文字サイズ、高いコントラストなど、2015年高評価を得た島根県公式ホームページが、最もアクセスしやすいサイトでした。
  • 障害者差別解消法の法的義務を果たせるか疑問
    調査に当たった全盲の調査員には到達できないコンテンツも多数出現しました。また、問い合わせ先としてファクス番号が記されないなど、聴覚障害者への配慮が不足している例も見られました。

考察

国及び地方公共団体などの公的機関は、「高齢者・障害者等配慮設計指針-情報通信における機器、ソフトウェア及びサービス-第3部:ウェブコンテンツ(JIS X 8341-3)」に基づいてWebアクセシビリティの取り組みが進められています。2016年4月には、障害者差別解消法が施行され、国及び地方公共団体のWebアクセシビリティへの取り組みは、これまで以上に厳格なものになっています。

この調査が、自治体サイトのアクセシビリティ向上に寄与することを期待します。

調査概要

  • 調査方法:調査員が実際にWebサイトにアクセスして評価
  • 調査期間:2016年8月22日~31日
  • 調査員:全盲の視覚障害者を含む当社専属調査員(2名)が担当
  • 調査対象:47都道府県および20政令指定都市の公式ウェブサイト
  • 調査手法:「JIS X 8341-3:2016」達成基準などを目視評価

会社概要

  • 商号: 有限会社ユニバーサルワークス
  • 代表者: 代表取締役 清家 順(せいけ じゅん)
  • 所在地: 〒411-0022 静岡県三島市川原ヶ谷230-28
  • 設立: 2003年8月
  • 事業内容: Webアクセシビリティに関するコンサルティング、Webコンテンツ制作
  • 資本金: 300万円
  • URL : http://www.u-works.co.jp/