「みんな」が使えるWebサイトへ

アクセシビリティコラム

第53回 ショッピングサイトのあり方

見えない人間にとって、インターネットで買い物ができるということは、生活の質の向上に非常に役立つ。余計なものを衝動買いして財布が痛いこともあ るが、日常生活に必要なものが買えないよりはよほどましである。これまでも、ショッピングサイト体験記はいくつか載せてきたが、今回は、財布が悲鳴をあげた成果をまとめとして披露してみようと思う。

基本情報

場合により、情報収集の過程においては商品選びと前後するが、今回は、ショッピングサイトの作り手よりの立場でまとめていきたいので、まず は基本情報のあり方から。

「送料」と「支払方法」の記述がほしい。

ショッピングサイトで、この2項目が載っていないということは稀だろうが、載っていてもわかりにくければ載っていないことと同じだ。よくあ るパターンで述べると、「○○円以上は送料無料!」という情報があれば最初に言ってほしい。次に「送料一律○○円」か、送り先の地域別送料となるだろう が、ここがわかりにくくてたまらない。「ナントカ地方」とか「○○県、○○県、○○県」というくくりでそれぞれの送料が示されていることが多いが、表組みの要素がおかしいのか正確な情報が得られないことがあるので気をつけてもらいたい。送料についてはこれだけでよい。

地域と送料が表現された好ましくない表の例

次、支払方法について。こうしたショッピングサイトの普及により、支払方法も多種多様になってきた。基本は、クレジットカード、代引き、コ ンビニ・郵便局・銀行決済だろうか。どの支払方法が用意されているかを明記し、それぞれの手数料とクレジットカードの場合は取り扱いカードを、コンビニ等 の決済の場合は前払いか後払いかを教えてほしい。これだけで結構なのだが、ショッピングカートのシステムのおかげか、ぐちゃぐちゃ説明してあるもの多数。 これ以外の支払方法については、なじみがない消費者がまだ多いので、それぞれに適宜説明をする必要がある。ぴったりくる人は利用すればよい。だが、なじみ のない人は知らなくても、上記3つの方法がわかりやすければそのままGoできるようにしておく方が、商売上よいのでは。

ちなみに私は、送料が無料になる最低ラインで、コンビニ等決済で手数料無料、後払いのサイトを選択することが多い。

商品掲載

当たり前だが、写真が多い。それはそれでよい。ただ、写真のみで商品の特徴すべてを語られると困る。

  • 正しい商品名
  • 価格
  • サイズ
  • 材質
  • 色や柄
  • 簡単な用途

を併記してもらえるとうれしい。商品にもよるが、これくらいを書いておいていただけると商品選びの助けになると思う。それくらいできている のではないかと思われるかもしれないが、意外とできていないのですよ。色違いを写真で見せて、番号しかふっていないものなど、「003番くんよ、君は何色 だい?」と言いたくなることがある。言葉で色を表現するのは実際の見た目とずれて難しいのもわかるが、赤か青かだけでも知りたい人もいるということでお願 いしたい。

「正しい商品名」、これは非常にポイントが高いもので、どうしてその情報がほしいかというと、その商品を調べ尽くしたいからだ。みなさん、 買い物をするとうれしいようで、いや、時々怒っていらっしゃる方もおられるのだが、ブログやら掲示板やらにいろいろと感想を書いてくださる。それを読ん で、私はできるだけ失敗のない買い物をしようと心がけている。つまり、キーワードとして正しい情報をくださいということ。

ショッピングカート

言いたいことはいくらもあるが、ここではひとつだけ取り上げたい。よく「この内容でよろしければ『○○』のボタンをクリックしてくださ い。」とある。私はこの内容でよろしいので『○○』のボタンを探しに行くわけだが、「な~い!」ということが実に多い。イメージボタンにalt属性を付け るのが不得手の方が相当いらっしゃると思われる。天下の?Amazon.co.jpさ えそうなのだから参ってしまう。よろしくお願いしたいところだ。

Amazon.co.jpの「注文を確定する」ボタンの例示:画像上では、「注文を確定する」の文字があるが、alt属性は「Place  your order」となっている。

そのほかにも、セキュリティ面など消費者として気にしなければいけないところはあるが、上記がわかりやすければ、ホイホイ買ってしまうのが私の現状だ。すぐそこの大型スーパーや近隣のデパートに行くよりずっと手軽だもの。

そう言えば、余談だが、この前困った事態に遭遇した。注文メールが届いて、宅配業者の追跡をしようとしたところできなかったのだ。メールには注文番号が全角で表記されていて、宅配業者の方は半角でしか受け付けていなかった。そんなもの暗記できないから普通コピーしてしまうではないか。ショッ ピングサイトもID制のことが多いので、それらの表記や管理なども気を遣いたいところだ。

関連するコラムを探す

タグ: , ,