「みんな」が使えるWebサイトへ

アクセシビリティコラム

第113回 オンラインでウルトラライトダウン

私の身体はとても小さい。執筆者のプロフィルに身長と靴のサイズを記入しておきたいくらい小さい。幸い?年とともに横幅は増えてきたが、それでも服選びには困っている。わずかに、ここのブランドのこのサイズならというものがあるにはあるが、おしゃれして行くところもないしなどと開拓を怠っているここ数年である。

そうはいっても、日常服はいくらか回転するわけだし、適当に布をまとっていればよい夏とは違い、今年もやってくるであろう完全防備の冬のために、今年は早くも衣類の買い足しに乗り出した。部屋着の定番といえばユニクロ。ユニクロのSサイズであれば何とか大丈夫な私なので久しぶりにオンラインを覗いてみると、何と私の音声環境ではすべて売り切れだ。どの商品ページにも「申し訳ございません。現在このカラー・サイズの商品は在庫がございません。」と書いてある。すべての商品が売り切れなどありえないだろうから、おそらくカラーとサイズが選べない(該当箇所が空欄のまま)ことが原因だろうと推測している。

画像:視覚的には色やサイズが選択されているように見えるが、音声では売り切れているように聞こえる

以前は苦労しながらも選択できていたカラーとサイズがどうやっても選べなくなってしまった。(第98回「オンラインでヒートテック」参照)こうなるとお手上げだ。このコラムもこれ以上書きようがない。せっかく『祝 ビックロ1周年』の期間限定価格だというのに。

さらに、『祝』シリーズでいうと、楽天イーグルスのパ・リーグ優勝記念で楽天市場でポイントアップだのセールだのとやっていた。以前から買おう買おうと思っていたハンガーが安くなっていたので買い物カゴに放り込み、それっお買い上げ!とやってみたのだけれど、注文を確定するボタンがまったく反応しない。ポイント使用を選ぶボタンも反応しなかったので、注文確定ページの何かが全体的におかしかったと思う。何だか悲しくなってそれ以外の買い物をしたわけではないので、ハンガー屋さんだけの話か、楽天市場全体の話かは不明だが、押しても押せないボタンには参ってしまった。

オンラインショッピング上のユニクロや楽天市場の立ち位置をどうとらえるかは人それぞれだろうが、私はAmazon.co.jpを加えた3サイトは音声ブラウザに対応したものであってほしいと願う。生活者として、この3サイトが操れれば何とかなることを実感しているから。見えないからといって全身ユニクロで済ませようというのはすすめないが、寒さをしのぐとかベイシックなものを2、3持つのには大変助かるメーカーだ。Amazon.co.jpはまた別の不具合があって以前買い物を完了することができなかった。(必要に応じてコラムの題材とするが、現時点ではコラムにするための検証ができていない。)とりあえず、ユニクロさんにはアクセシブルなサイトへの変更をお願いしたいところである。

関連するコラムを探す

タグ: , , ,