「みんな」が使えるWebサイトへ

アクセシビリティコラム

第111回 iPod touchでメディアtsuda塾

先に言っておくが失敗談である。カレンダー→音楽とそこそこ順調に進んでいた私のiPod生活なのだが、どういうわけか停滞してしまった。やりたいことががんばってもできないつらさと、コンピュータとかインターネットとかに関して、一般的なことはある程度できるに違いないという傲慢な思い込みへの反省とで散々な日々であった。

私はテレビを見るよりもラジオを聴く人間だ。そのラジオ聴取において、ずい分前からストリーミングやポッドキャスティングでどうぞという案内が聞こえてきていた。せっかくだからやってみよう、できるようになれば私も時間というものを有効に使えるようになるかもしれないということで、ポッドキャスティングに挑戦してみた。

まずは、 ポッドキャスティングの素材選びである。ラジオ番組がよさそうだとは思ったけれど、いろいろな人がさまざまな情報を発信しているだろうと思い適当に調べてみた。しかし、私には全容をつかむことができなかった。簡単な内容と人気度のようなものがわかるようになっているとよいのだが・・・。単にポッドキャスティングというものへの憧れだけで挑戦していて、これが聴きたいという具体的な希望があるわけではなかったので、素材選びだけで難航してしまった。

ネットサーフィンでこのあたりをダウンロードしてみるかなというようなところまではいけたのだけれど、さてどうしたらよいのかわからない。iTunesに登録するボタンを押せばよさそうなのだけれど、それで本当にいいのだろうか。そうするとどこにどう素材は入っていくのか、私のiPod touchに無事届くのだろうか。ソノ前に、お試しで聴くことはできないのだろうかなどと、余計な不安も募ってきて前に進むことができずかなりぐずぐずした。

そんなある日、NHKラジオを聴いていたら、『すっぴん!』という番組で津田大介さんがポッドキャスティングについて説明してくれて、iTunesをダウンロードすればあとは番組サイトにあるボタンを一押しすればよいというようなことを言っていたので、勇気を出してやってみた。でも、配信が次週の月曜日とのことだったので一週間ほど待つことに・・・。ポロンという何かがどこかに入った感じのきれいな音は何度もするのだけれど、私のiPod touchには何も入ってこない。 どうしたのだろうか。何が起きているのだろうか、または起きていないのだろうか。

さっぱり様子がわからないまま、iTunesへの長い旅の始まりである。登録ボタンを押す勇気はなかなか出なかったのだけれど、その勇気さえ出せばビートルズの音源のように、私のiPod touchに自然と入ってくるに違いないとそのときの私は思っていた。でも、そんな都合よくはいかなかった。iTunesの中は、スクリーンリーダーを通して聞こえてくるのだが、その意味することがわからない。おそらく一般的であろうことが、この私にわからない。Apple系を見えない人が操るのは難しいであろうことは承知している。でも、使っている人がいないわけではない。ならば、ある程度は私にもわかるはずであると思うのだが、さっぱりといっていいほどわからない。

単独での操作はあきらめて、指南者の力を借り、「ここでチェック付けて、ここで設定して…。」といっしょにやってみると、私のiPod touchからあの日の津田さんのポッドキャスティングの説明が聴こえてきた。あとは素材を選んで登録さえすれば、ほかのものも聴くことができるだろうと思うけれど、iTunesの中を自分の意図するように設定する自信はない。なんとなくはわかったのだけれど、しっかり理解はできていない。指南者も「これをスクリーンリーダーで操作するのは難しいことかもしれないね。」と言っていたので、私の操作能力が相当に劣っているということではなさそうだが、このパターンに慣れるのには時間がかかりそうだ。

関連するコラムを探す

タグ: , , ,